靴下のつま先の穴の縫い方!かかとの補修やかわいい直し方も紹介!

靴下ってよく穴が空きますよね。

我が家では、子供が買ったばかりの靴下によく穴をあけてきます・・・。

さすがに、買ったばかりの靴下に小さい穴が空いたからって、捨てるのは勿体ない!

という事で、今日は、靴下の穴の補修の方法をご紹介します!

縫う、補修シートを使う、さらにはかわいい補修の仕方もご紹介しますよ^^

スポンサーリンク

靴下のつま先の穴 縫い方!

まずは、穴あき率の高いつま先に開いた穴を簡単に縫って直す方法からご紹介します^^

このように小さい穴があいてしまいました。。。

まずは、穴が開いてない横部分の糸をすくって糸を通します。

(画像では分かり易いように、緑の糸を使いましたが、実際にやる時は、靴下の色と同じような色でやる方がいいですよ^^)

玉止めをすると履いた時に気になるので、このように返し縫いをして止めます。

後は穴の上下の糸をすくって、しっかり糸を引っ張って穴を綴じます。

針を横に移動させて、また穴の上下の糸をすくって、糸をキュッと引っ張っておきます。

これを繰り返して、穴を綴じていけばOKです!

最後は、玉止めせず穴の横ので返し縫いをして、縫った糸を少し横にすくってから切っておけば、ほどけません^^

表からみたらこんな感じ。

全然わからないですよね^^

履いてみた感じもゴロゴロして気になる事もなく、履けました!

これでもうしばらく履いてもらえます。

ちっちゃい穴くらいなら、この方法で簡単に繕う事ができるので、やってみて下さいね。

靴下のかかとの穴の補修!

次にかかとの穴の補修方法です!

かかともよく擦り減って生地が広範囲で薄くなってしまってたりしますよね。

がっつり大きい穴が空いたり、薄くなったりした場合は、補修シートや補修布で修繕することができます。

100均のダイソーさんで購入してきました!

アイロンで接着するタイプの補修布です。

色も色々入っているので、お得^^

穴の面積が小さければ、裾上げテープとかでもいいです。

使い方も簡単!

穴の大きさより少し大きめに補修シートを切って、靴下の裏側にアイロンで押さえて貼りつけるだけ!

違う色の補修シートを使ったりしても可愛いかもしれませんね。

スポンサーリンク

靴下の穴の縫い方 かわいい方法!

どうせ縫うなら、あえて穴の所に模様をつけるように縫ってしまうのもかわいいですよね。

ダーニングってご存知ですか?

イギリスで昔から親しまれているという衣類に開いた穴をあえて、カラフルな糸でかがってしまう方法です。

靴下なら、糸は、細い毛糸を使ってもいいですし、刺繍糸なんかでもいいですよ^^

やり方も簡単です。

ガチャガチャのカプセルを用意します。

これを縫いやすいように裏返した靴下の中に入れて、穴部分を伸ばすようにして、輪ゴムなどで止めます。

カプセルじゃなくても、古くなった電球、化粧品の瓶など、針が刺さらないものならなんでもOKです。

本当は、ダーニングマッシュルームっていう道具もあるんですが、持っている人は少ないと思うので、代用です^^

これをすると縫いやすいよってだけなので、何もなければなくてもOK!

ダーニングの場合は、靴下を裏返さず、表側を縫います。

好きな色の糸や毛糸を用意して、穴の横の糸を少しすくいます。

玉結びはせずに、10cmほど糸の端を残しておきます(最後に処理をします)

上側を少しすくって、糸を渡します。

次は下を少しすくって糸をひっぱりすぎないようにして、穴の上に糸をかけるようにしていきます。

穴を縦糸で埋められたら、次は、縦糸を一本飛ばしで交互にすくいながら、針を横に通します。

通したら、下に糸をおろして詰めて、反対側からまた交互にすくって通します。

繰り返していくと・・・

こんな感じ^^

縫い終わった糸は、裏に通して、ちょっとだけでている縫い目をすくって通します。

通した糸に横からまた針を通して絡めたら、出来上がり!

縫いはじめの糸も同じように裏側に通して、処理します。

ちょっと縫い目が揃ってなくて、雑ですが・・・ご愛嬌で^^;

今回は、四角く縫いましたが、慣れたら、好きな形で縫っていくとさらに可愛くなりますよ^^

スポンサーリンク

まとめ

靴下の穴も縫ったり、補修シートを使えば、まだまだ履けるので、よく穴があいて困る!という人は、ぜひ繕ってみて下さいね。

ダーニングは、セーターの穴だったり、ズボンの穴にも使える方法なので、色々な穴空きに活用してみてください^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする