ウエストのゴムの交換の方法!取り替え口がない場合!

スカートやズボンなど、ウエストのゴムが古くなって緩んでしまったり、買ってきたけど、緩すぎた!という事ありますよね。

ゴム部分以外は、キレイなのに、ウエストのゴムがゆるいだけで履けないのはもったいない・・・。

ゴムの取り換え口があれば、誰でも簡単に交換できると思いますが、取り替え用の穴があいてない!という場合もよくあります。

今回は、そんなゴムの取り換え口がない場合の、ウエストのゴムの交換方法をご紹介します!

スポンサーリンク

ウエストのゴムの交換方法

ゴムの交換をしたいズボンやスカートを裏返して、ウエスト部分を見ます。

よく見ても、穴がどこにもない!という場合は、まず、ゴムが通っている場所の生地の縫い目に注目します!

大体、わき腹にくる場所くらいにこのような縦の縫い目があると思います。

ココの糸をほどいて、ゴム通し口を作っていきます。

先の細いはさみや、リッパーを使って、少しずつ糸を切りながらほどいていきましょう。

ほどくと、ゴムが見えます^^

ほどき過ぎると、表側までほつれてしまう場合があるので、途中で止めてください。

表までほどけてしまいそうな場合は、糸をほどくのをやめた部分で、かがり縫いをしておくと、ゴムを交換するときに、表までほどける心配がないので安心です。

古いゴムを出してゴムを切って、新しいゴムを入れます。

ゴムを入れ替えられたら、ほどいた部分をかがり縫いをして綴じます。

分かり易いように、ピンクの刺繍糸を使って縫いましたが、本当は、生地の色と似た様な色で縫うといいですね。

ゴムの交換の仕方

このようなゴム通しをもっていれば、簡単ですが、ゴム通しがない場合は、ヘアピンでも代用できます^^

ヘアピンでゴムを挟んで、取れないように、ゴムの端を結んでおけばOKです。

他には、古いゴムを抜く前に、古いゴムと新しいゴムを安全ピンなどで留めておいて、古いゴムを引っ張り出すと、新しいゴムが通るという方法もあります^^

ゴムを通した後は、長さを調節して、ゴムを結ぶか、縫い合わせます。

結ぶと結んだ場所がゴロゴロして気持ち悪く感じる場合もあるので、ゴムの端を重ねて縫う方がおすすめです。

縫い方は、重なった部分を返し縫でちょいちょいっと縫ってもいいですし、端をかがり縫いしてもOKです。

スポンサーリンク

ウエストのゴムの取り替え口がない場合!

ウエスト部分に縦の縫い目がない場合は、画像の位置の横に縫われている糸をほどきます。

ただし、表側がこのように一枚の布じゃない場合は、裏側の糸をほどくと、表側の糸もほどけてしまって、面倒な事になるものもあるので、裏をほどいても表が大丈夫かどうか?よく見極めてからほどいてくださいね。

縫い目の糸をほどいて、表もほどけたり結構大変だったりするので、他の方法もご紹介します。

内側だし、見た目はそんなに気にしないよ!という人は、ずばり、布を切ってしまいましょう。

このゴムが入っている布部分を切っちゃって、OKです。

布を切っちゃう場合でも、わき腹にくる部分で切ると、わかりにくいです。

ゴムを取り換えた後は、同じようにかがり縫いをしておけば大丈夫です。

ブランド物だと布を切っちゃうのはためらいますが、子供用のものとかなら、普通にやっちゃってますw

後は、ベルトをする方法もあります。


【楽天ランキング入賞】【楽々ゴムベルト 30mm幅】【サイズ調節可・無段階調節】ズボンの脱ぎ履き楽ちんの楽々ゴムベルト リラックスベルト ストレッチ レディース 男女 介護 ジュニア ループゴムベルト ベルト 【02P03Dec16】(1-1)

ゴムになっているベルトなので、つけていても楽です^^

前にバックルがないタイプなので、トイレの時もベルトを外す必要がないので、子供にも使いやすいベルトです。

私ももっていますが、これ使ってみると普通のベルトは面倒で使えません^^

スポンサーリンク

まとめ

たくさん洗濯しすぎて、ゴムがゆるゆるになってしまった場合や、買ったけどゴムがきつい場合でも、ゴム交換が有効です!

取替え口がない場合でも、ご紹介した方法でゴムの交換が可能なので、ぜひ、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする