トイレブラシの洗い方!ケースの掃除も!使い捨てのおすすめも紹介!

トイレブラシって、実は、トイレの中で一番汚れているものなんだそうです^^;

そう思うと、トイレブラシやブラシのケースもどうにかして、いつも清潔にしておきたいですよね。

でも、トイレブラシってどこでどう洗えばいいのかわからない!と悩んでいませんか?

そんな方のために、今日は、トイレブラシやそのケースの洗い方をご紹介します!

これでトイレブラシも気持ちもスッキリしますよ^^

スポンサーリンク

トイレブラシの洗い方!

トイレブラシを洗いたいけど、外に水道がない場合は、洗面所やお風呂場で洗うしかないですよね。

でも、汚いトイレブラシを洗面所やお風呂で洗うのもちょっと気が引けると思います。

そこで、トイレでも出来るトイレブラシの洗い方をご紹介しますね^^

◆用意するもの

・バケツ
(もしくは、ブラシがつかるくらいの大きい空き瓶やペットボトル)
・塩素系漂白剤
・ビニール袋

◆ブラシの洗い方

1.バケツにビニール袋を2枚重ねて取り付けます。

2.ビニール袋の中に、水に塩素系漂白剤を溶かした液を作ります。

濃度は、漂白剤の容器に書かれている分量でやってみて下さいね。

3.その中にブラシを30分つけておきます。

4.漂白できたら、漂白液は、トイレに流して、ビニールはゴミ箱に捨てます。

5.もう一度、新しいビニールをバケツにセットしたら、キレイな水を入れます。

6.ブラシをその中ですすぎ洗いして、外に干してしっかりと乾かしたら、出来上がり!

バケツがなければ、2Lのペットボトルの先を切ったものを使えば、ビニール袋を使わずに済みますし、ペットボトルをそのまま捨てればOKなので、楽ですよ^^

トイレブラシのケースの掃除の仕方!

トイレブラシのケースは、それ自体に水と漂白剤がためられるなら、ケースの中に水と漂白剤を入れて、30分置いて殺菌します。

ケースに水をためられないタイプの場合は、先ほどのブラシと同じように、バケツ+ビニール袋に漂白液を作ってつけておきましょう。

後は、バケツの中ですすぎ洗いしてもいいですし、除菌した後ならお風呂場で洗っても抵抗ない!という方は、お風呂場でしっかり洗剤を洗い流しておきます。

その後は、外で乾燥させておけば、OKです。

スポンサーリンク

トイレブラシの使い捨てがおすすめ!

最近は、トイレブラシの使い捨てタイプがあるのをご存知ですか?

掃除をするたびに、ブラシ部分は捨てる事が出来るので、毎回清潔な状態のブラシで掃除することができます。

◆スクラビング バブル シャット 流せる トイレブラシ


スクラビングバブル 流せるトイレブラシ 本体+付替4コ入(1セット)【スクラビングバブル】[シャット 流せるトイレブラシ スクラビングバブル]

ブラシ部分に、洗剤が含まれているので、洗剤もいらないのでコスパもいいです。

便器をキレイに洗った後は、ブラシ部分だけトイレに流して捨てることが出来ます。

ブラシの水切りをした後、ブラシから水を垂らしてしまう心配もなく、汚いままトイレにおいて置く必要もないので、とっても衛生的ですよね^^

◆スコッチ・ブライト 取り替え式トイレクリーナー洗剤付


スコッチブライト 取り替え式トイレクリーナー 洗剤付(1セット)【スコッチブライト(Scotch Brite)】

スコッチ・ブライトは、ブラシ部分がスポンジになっていて、汚れが落としやすいです。

スポンジは、流すのではなく、ごみ箱に捨てるタイプです。

こちらも汚れたブラシを置いておく必要がなく、衛生的に使えますよ^^

スポンサーリンク

まとめ

トイレブラシを洗うのは、場所にも困りますが、バケツやペットボトルなどを使えば、衛生的にキレイにできますね^^

しっかり殺菌して、ブラシもキレイになったら、気持ちもスッキリします!

ちょっと面倒ですが、やってみて下さいね。

こういった作業が面倒な場合は、思い切って、使い捨てのものを使うと、一気に楽になりますよ^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする