油の捨て方で簡単なのはコレ!賞味期限切れや未使用でも!回収についても紹介!

食用油の捨て方って、結構困りますよね。

天ぷらなどの揚げ物をした後の油はもちろんですが、うっかり賞味期限を切らしてしまった未使用の油なんかも、どうやって捨てていいのか?悩むことろだと思います。

我が家でも、大量にもらった食用油を使いきれず、賞味期限を切らして最近、ゴミ処理をしました。

今回は、油の簡単な捨て方と、出来ればリサイクルしたい!という方のために油の回収についてもご紹介します!

スポンサーリンク

油の捨て方 簡単な方法はコレ!

油は、液体なので、何ゴミ?と悩む所ですが、実は「燃えるゴミ」に出してOKです。

ただ、液体のまま燃えるゴミに出してしまうと、ゴミ収集の作業員の方にうっかりかかってしまう場合もあり危険ですので、キチンと処理をしてから捨てる必要があります。

捨てる油も少量で、少しお金をかけても良ければ、凝固剤を買ってきて油を固めてしまうのが一番簡単で楽です^^

凝固剤は、スーパーやドラッグストアなどで数百円で5~10包入っているものが売られています。


ジョンソン 固めるテンプル 18g×5包

揚げ物を頻繁にするという方なら、手間もかからないので、凝固剤を使用するといいですよ^^

この固めるテンプルなら、1包で600gの油を固めることができます。

少量だから・・・と流しに流してしまうのは、やめたほうがいいです。

排水管で、油が冷えて固まり、こびりついて、排水管のつまりの原因になります。

私はよく少量の油で揚げ焼きをするのですが、後の残った本当に少量の油は、キッチンペーパーなどに吸わせて燃えるゴミとして捨てています。

油の捨て方 賞味期限切れのものはどうする?

うっかり賞味期限を切らしてしまって、ボトル1本まるまる捨てないといけない!という事もたまにあるんじゃないでしょうか?

私も、姑からなぜかサラダ油ばかり送られてきて、使い入れずに気づけば賞味期限が大幅に切れていた!という事がよくあります・・・。

その場合は、凝固剤で固めるのも結構大変ですよね。

そこで、一番簡単で、お金もかからないのが、牛乳パックを使用した方法です!

この方法は、使用した油でもできます。

◆牛乳パックを使った油の捨て方

・用意するもの

・牛乳パック
・新聞紙やボロ布
・ガムテープ

捨てる方法

1.牛乳パックに新聞紙やボロ布を詰めます。

キッチンペーパーやティッシュなどでも構いません。

しっかり油を吸い取れる分量の紙類や布を詰めて下さい。

こんな感じ!

2.ココに水を少し入れて新聞を濡らします。

油は温度の高い所に置いていると、自然発火する可能性があります。

よほど暑い日で直射日光が当たっているなどでなければ、可能性は低いですが、0とは言い切れません。

水を入れておくことで、気化熱により油の温度上昇を抑えることができます。

念のため、忘れずに入れておいてくださいね。

3.紙類に油をしみ込ませるように、ゆっくりパックに注ぎます。

使用した油は、しっかり冷ましてからにしてください!

熱いままの油は発火する可能性もあり、危険です!

4.牛乳パックの口をガムテープなどでしっかり塞いぎます。

5.あとはごみ袋に入れて燃えるゴミの日に出しましょう。

私は、更に念のため、油を入れたパックをビニールで包んで、それからゴミ袋にいれました^^

万が一漏れて、ゴミ置き場を汚すと大変ですしね。

牛乳パックがない場合は、ビニール袋を2重にして、同じ様に紙を入れてしみ込ませればOKです!

スポンサーリンク

油 未使用のものを回収してくれる所は?

未使用のものを捨てるというのも、なんとも勿体ない気がしますよね。

その場合は、リサイクルに出すという方法もあります。

食用油は、石鹸や車の燃料、塗料などにリサイクルされます。

お住まいの市町村によっても違いますが、市で油のリサイクル回収を行っている所もありますので、

まずは、市のホームページの「ごみ・リサイクル」などの項目で廃油のリサイクルについて書かれていないかチェックしてみるといいですよ^^

市役所で電話で聞いてみても、親切に教えてもらえます。

また、市では回収していなくても、業者さんが回収している所もあります。

ネットの検索で「天ぷら油 回収 ○○(←お住まいの県、市)」を入力すると、回収ステーションの場所が記載されているHPが見つかると思います。

大体、どこかのお店に回収BOXを設けている場合が多いので、探してみて下さいね^^

うちの近くでは読売センターに回収BOXがありました!新聞の所で・・・?と思いますが、そういう場合もあるんですね。

リサイクルに出す場合は、その回収ステーション毎に出し方が変わってきます。

大体は、使用した油なら、しっかり冷ましてから、天かすなどが入らないように漉して、容器に入れしっかり蓋をして持って行きます。

未使用の場合なら、そのまま持って行けますよね。

持って行ったら、ステーションに設置してある缶に油を移し替える場合や容器ごと回収してくれる場合もあり、その場所によってルールが違うので、しっかり確認してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

使用済みの油も、未使用の油も、キチンと処理をすれば、燃えるゴミで出すことができます。

その際は、凝固剤を使うか、水と一緒に布などに含ませて、液体じゃない状態にして出します。

リサイクルの回収がある場合は、そちらに出すという事もできるので、お近くで回収場所がないかどうか探してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする