マスキングテープでリボンの作り方 簡単!立体でカードや色紙アルバムにも

色んなことに使えるマスキングテープですが、リボンを作ることも出来ます。

メッセージカードや色紙、手帳、アルバムのデコレーションやラッピングの時のワンポイントにも使う事が出来ますよ^^

今日は、普通のリボンの形とフラワータイプのリボンの作り方の2種類をご紹介します!

スポンサーリンク

マスキングテープでリボンの作り方 簡単!

マスキングテープでぷっくりとした可愛いリボンの作り方をまずはご紹介します。

まずは、リボンの出来上がりサイズの4倍の長さのマスキングテープを用意します。

先端だけ残して、粘着面を貼り合わせます。


端の部分を先ほど貼り合わせずに残して置いた所に挟んで止めます。

このような輪になります。

輪の真ん中部分を押さえてリボン状にし、真ん中を山折り→谷折り→山折りと折ります。

リボンの形になりました。

真ん中をマスキングテープでくるっと巻いて止めて、形を整えればリボン部分は出来上がりです!

真ん中を止めるマスキングテープは、必要なら、少し切って、幅を細くしてあげるといいですよ^^

このリボンだけでも可愛いですが、リボンの足の部分も一緒に作っておくと、さらに可愛いです。

リボンの足の部分の作り方

出来上がりイメージより、少し長めにマスキングテープを2本用意します。

半分めくり上げて、先の方1cmくらいを粘着面を貼り合わせて、

リボンの先を画像のように切ります。

足の先端部分は、粘着面を貼り合わせたので、カードなどに付けた時にくっつかず、ヒラっとなって可愛いです^^

さっき作ったリボンはそのままでは貼りつけることができないので、裏に両面テープを貼ります。

組み合わせて貼って出来上がり!

スポンサーリンク

マスキングテープのリボン 立体のお花!

次にお花のようなタイプのリボンを作っていきます!

難しそうですが、さっきのリボンより簡単ですよ^^

まずは、マスキングテープを用意します。

フラワーリボンの出来上がりサイズの直径が5センチだとすると・・・

必要なマスキングテープの長さは以下の通りです。

・5cm×4=20cm・・・3本

・5cm×3=15cm・・・3本

・5cm×2=10cm・・・1本

ちょっと多いですが、これだけ必要です。

これを1本ずつ、先ほどのリボンの作り方と同じように、粘着面を貼り合わせて、輪っかを作ります。

全部、輪っかにしたら、大きい輪3つと中くらいの輪3つ、小さい輪1つが出来上がります。

大きい輪と中くらいの輪を一つずつでセットにして、

大きい輪の上に中くらいの輪を重ねて、真ん中をホッチキスで止めます。

セットにしたリボンの2つの裏側と、小さい輪の裏側に両面テープを貼ります。

後は、上手に重ねて貼っていくだけです。



部品さえ作ってしまえば、後は簡単ですね^^

組み合わせる時は、リボンのバランスを見ながら貼りつけていって下さいね。

マスキングテープのリボン カードなどにつける場合

カードなどにつける時は、リボンの十字掛け風にすると可愛いです^^


大きいフラワーリボンは存在感が出るので、豪華に見えますね^^

こちらも、カードなどに貼りつける時は、両面テープを使って貼りつけるとしっかりとくっつきますよ^^

スポンサーリンク

まとめ

マスキングテープの粘着面を貼り合わせて、本物のリボンのようにしてから、リボンを作るので、本物のリボンとそう変わらない出来になると思います^^

マスキングテープは色んな柄があるので、色々なリボンが作れますよね^^

作り方も簡単なので、ぜひ、一度作ってみて下さいね。

マスキングテープを使った簡単なメッセージカードの作り方
【メッセージカードをマスキングテープで簡単にデコレーション!】

スポンサーリンク