紙袋の作り方 折り紙で!マチあり・持ち手付きのおしゃれなものも


ちょっとしたプレゼントなどに、小さい紙袋があると便利だなぁという時ありますよね。

今日は、折り紙で作れる実用的なサイズの紙袋を作る方法をご紹介します!

小物を入れるのにちょうどいいサイズで、覚えるととっても簡単です。

マチアリの取っ手なしの袋と、マチありの取っ手付きの紙袋の作り方の2種類をご紹介します!

スポンサーリンク

紙袋の作り方 折り紙で!

折り紙は今は100均でも可愛い柄のものが売られているので、そういったものを使えば、簡単に可愛い紙袋を作ることができます。

折り紙1枚ではミニミニサイズのものしか作れませんが、2枚使えば、実用的なサイズの紙袋が作れます。

今日、ご紹介するのは、折り紙を2枚使って、大体10cm×10cmくらいの大きさの紙袋を作ります!

もっと大きいサイズが作りたい場合は、a4用紙を使って可愛い紙袋を作る方法もあるので、そちらを参照下さいね^^

紙袋の作り方 マチあり!

折り紙2枚を用意します。

端を貼り合わせて、1枚にします。

更に、端と端を貼り合わせて、筒状にします。

この段階では、どこにも折れ線はつけていません。

貼り合わせたつなぎ目に沿って折ります。

こうすることで、つなぎ目が袋の左右のマチ部分にくるので、一見つなぎ目のないキレイな紙袋に見えます。

下側を4~5cm折ります。

折った部分を開いて・・・

左右が三角になるように折ります。

折った部分の上側を真ん中より少しでるくらいに折ります。

下側を折ります。

このとき、画像の赤色枠部分が、正方形になるように調節して折ると後がキレイです。

一度開いて、画像の黄色部分に糊を付けて、貼り合わせます。

①線の部分で折ります。
②しっかり折れ線をつけます。
③裏返します。
④さっきの折れ線で、今度は逆に折り返します。

袋を開いて、横のマチ部分を「山折り・谷折り・山折り」と折って、整えます。

出来上がり!

12cm×10cmの大きさの紙袋ができました。

スポンサーリンク

紙袋の作り方 持ち手付きも!

次は、持ち手付きの紙袋の作り方もご紹介します!

殆ど、先ほどのものと同じ作り方なので、簡単です^^

折り紙を2枚貼り合わせて繋げます。

裏返して、上側を1~2cm折ります。

筒状になるように、糊で貼り合わせます。

貼り合わせた所に沿って折ります。

後は、さっきと同じようにマチを作っていきます。

袋部分は、コレで出来ました!

次は、持ち手を作ります。

折り紙を3~5cm幅で2本切ります。

真ん中で合わせるように上下を折って・・・

真ん中で折ります。

①半分に折ります。
②半分の折れ線から少し離した部分で90度に折り曲げます。
③反対側も同じように90度に折ります。
④真ん中を開いて出来上がり!

糊で貼りつけます。

補強のためにテープや、ホッチキスで止めてもOKです!

出来上がりです!

10cm×10cmのサイズのミニ紙袋が出来ました^^

お菓子などの小さなプレゼントやちょっとした小物を入れて渡すのにピッタリですよ^^

スポンサーリンク

まとめ

ミニサイズの紙袋の作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

難しい工程も特にないので、ぜひ作ってみて下さいね。

もっとミニミニサイズのものが作りたい場合は、折り紙を半分に切ったものを1枚使えば作れますよ^^

この作り方では、いろんなサイズの紙で作ることができるので、色々作ってみて下さい^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする