ドライフラワーの作り方 簡単!色あせず早く綺麗に乾燥させる方法!

花束(ブーケ)やフラワーアレンジメントなどのお花を貰ったときに、枯らしてしまうのはもったいない!

どうにかして、形に残しておきたい!と思いますよね。

そんなときは、ドライフラワーにすると一番簡単でお手軽に形を残しておくことが出来ますよ。

今日は、おうちで初心者の人でも簡単に出来るドライフラワーの作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

ドライフラワーの作り方 簡単な方法をご紹介!

まずは、手元のお花がドライフラワーを作るのに適しているものかどうか確認しましょう!

ドライフラワーに向いているのは、元々花びらが乾いた感じの水分の少ない花です。

・バラ
・ラベンダー
・ミモザ
・千日紅
・ユーカリ
・アジサイ
・スターチス
・花かんざし
・カスミソウ
・ひまわり
など・・・

このあたりはドライフラワーにしやすい花です。

逆に、ドライフラワーに向いていないのは、水分の多い花や、花びらが薄い花です。

・キク
・トルコギキョウ
・チューリップ
・スイセン
・パンジー
・コスモス
・ガーベラ

このあたりのものは、ドライフラワーにするのは、難しいです。

向いていない花の場合は、思い出として写真に納めておくといいですよ^^

ドライフラワーの作り方 吊るす方法

花は、なるべく新鮮なお花を使います。

頂いたブーケなどは、しばらく花瓶に挿して楽しみたいと思いますが、なるべく綺麗なうちに乾燥させるほうが、綺麗になドライフラワーが出来ます。

部屋に吊るしておくだけで簡単にできるドライフラワーの作り方をまずは、ご紹介します。

◆作り方

1.茎から葉を落とす。

葉は、残しておいてもドライフラワーに出来ますが、早く乾燥させたいときは、葉っぱは、なるべく少なくしておく方がいいです。

2.花を数本、輪ゴムや紐でまとめる。

このとき、花と花がぶつかった状態になっていると、花がつぶれたままの形で乾燥してしまうので、少し高さをずらしてまとめまるなど、重ならない工夫をしてください。

早く乾かしたいときは、まとめず1本ずつ干す方が乾きが早いので、まとめなくてもかまいません。

干す場所が限られている、量が多い、乾燥させている間もインテリアとして楽しみたい場合は、まとめた方が場所もとらないので、形に気をつけてまとめてくださいね。

3.日陰に1~2週間ほど干す。

紐部分をフックやピンチハンガーに引っ掛けて、花が下を向くように逆さにして吊るします。

必ず直射日光を避けて、日陰で干すようにしましょう。

量が多いときは、ピンチハンガーが便利です^^

その間、洗濯物は干せませんが・・・^^;

しっかり乾燥できたら、またブーケのように束ねておけば、綺麗に飾ることが出来ますよ^^

花束をそのままドライフラワーにしたい時はこちらも参考にしてくださいね。

ドライフラワーの作り方 色あせずに綺麗にできる方法

干しておくと、どうしても、少しは花や葉は色あせてしまいます。

もっと綺麗な色のまま残しておきたいという場合はシリカゲルを使う方法がおすすめです。


ドライフラワー用乾燥剤【1kg】シリカゲル(青混合品)ドライフラワー用シリカゲル

シリカゲルとは、乾燥剤のことで、このように売られているものがあります。

これを使うと、色あせも少なく綺麗なドライフラワーが出来ますよ^^

ドライフラワーの作り方 シリカゲルを使った方法

◆作り方

1.タッパーなどの密封容器を用意します。

2.花の茎を少しだけ残して、切ります。

茎をつけたままドライフラワーにすることも出来ますが、花が収まる縦長のタッパーとたくさんのシリカゲルが必要です。

たくさん花がある場合は、茎は切ってしまって、花の部分だけにするほうが簡単ですよ^^

3.シリカゲルを少しタッパーに入れて、その上に花を置きます。

4.花が隠れるまで、シリカゲルを入れます。

花びらの間にもシリカゲルが入るように、花びらを優しく広げながら丁寧に入れていきます。

完全に花が見えなくなるまでシリカゲルを入れてくださいね。

5.容器の蓋をして、数日~1週間ほどおいておきましょう。

6.乾燥したら、シリカゲルを優しく払って出来上がり!

スポンサーリンク

ドライフラワーの作り方 早く乾燥させたいときは?

ドライフラワーを作るのには、どうしても1週間以上はかかってしまいます。

ずっと室内に干しておくのはジャマ!

もっと早く完成させたい!という時は、次の方法で乾燥させるといいですよ^^

ドライフラワーの作り方 車で干す方法

車の中って、晴れた日などは、とっても暑くて乾燥していますよね^^

暑い車の中は、実は、ドライフラワーを作るのにピッタリな場所なんです。

◆作り方

1.室内で吊るすのと同じように花を束ねます。

2.直射日光が当たらない場所にS字フックなどを引っ掛けて、花を吊るしておきます。

ハンドルや、窓の上にあるアシストグリップなどにS字フックをかけて吊るしてもいいですし、車の中に突っ張り棒をして、S字フックをかけておくという方法もあります。

直射日光が当たらないように、窓に日よけをつけるなど工夫をして干してみてくださいね。

3.2~3日くらいで出来上がり!

いいお天気の日が続いて、車内がいい具合に暑くなれば、数日で乾燥させることができます。

数日、車を使う予定がないときにでもやってみてくださいね^^

ドライフラワーの作り方 ドライヤーを使う方法

早く乾かすといえば、ドライヤーを使う方法もあります!

◆作り方

1.ショップバッグなどの紙袋を用意します。

2.花が下向きになるように、紙袋に入れます。

3.ドライヤーの温風を紙袋に向かって当てます。

温風を花に直接当てないように、紙袋の側面に向かって当てるといいでしょう。

強い風にすると、花が傷むので、弱い温風で、5分ほど当てます。

時々、花の乾燥具合を触って確かめるようにしてください。

4.その後、逆さにして、1~2日くらい干しておけば出来上がり!

スポンサーリンク

まとめ

ドライフラワーにするには、少し時間はかかりますが、基本は放置で出来るので、誰でも簡単に作ることが出来ます。

ドライフラワーにした後は、花瓶に挿したり、リースを作ったり、ポプリなんかにしてもいいですよ^^

ポプリの作り方も簡単なので、ぜひチェックしてみて下さいね。
【ポプリの作り方 簡単!材料や精油も解説!花束で出来る!】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする