リボン結びの綺麗なやり方!裏表があるものの場合も簡単に解説!

リボン結びは出来るけど、キレイなリボンの形にならなかったり、縦結びになってしまったりしませんか?

プレゼントだったり、服や靴の紐を結ぶ時もキレイなリボン結びが出来る方がいいですよね。

今日は、リボン結びがキレイに出来る方法を詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

リボン結びの綺麗なやり方!

リボン結びをキレイにするには、一つだけコツがあります!

それだけ覚えてしまえば、キレイに結べるので、一緒にやってみてくださいね。

①リボンを一回交差させて結びます。

左上側に来たリボンと右下側に来たリボンに注目!

人によっては、右上、左下の場合もあります。

②下側に来たリボンを輪にして、横向きにします。

ココで、輪を縦向きにもってしまうと、縦結びになる原因にもなります。

必ず、輪は①の結び目の方向に向けて持っておきます。

③上側のリボンを下に下ろします。

④②で輪にした部分に一周巻き付けるようにします。

間に出来た輪っかの部分に上側のリボンを輪にしながら通します。

出来上がりです!

スポンサーリンク

リボン結びのやり方 裏表がある場合!

①同じ様にリボンを一回交差させて結びます。

このとき、上側にくるリボンは裏返しになるように、下側にくるリボンは表側を向くようにします。

②下側にきたリボンを輪にしてもちます。

③上側のリボンを下してきて、一周巻いて、もう一度上に戻ります。

④もう一度、上に来たリボンを下に下します。

画像の②の輪の部分を①の輪っかの中に通します。

出来上がり!

別のやり方で出来る方法もこちらの動画で紹介されています。

上記のやり方が難しい方は、こっちのやり方でやる方が簡単かもしれません^^

スポンサーリンク

まとめ

リボン結びをキレイにする方法のコツは、始めの輪を作った時の向きです。

ココに注意して練習すれば、綺麗なリボンが結べると思います^^

裏表のあるリボンは、少し難しいですが、動画も見ながら練習してみてくださいね。

服についているリボンのリボン結びの仕方をこちらに詳しく載せました!
【服についているリボンの結び方!キレイで簡単!スカートやズボン・ドレス・エプロンでも!】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする