フォトフレームを手作り 画用紙で簡単!かわいい!プレゼントにも!

かわいい写真が取れたら、せっかくなので、フォトフレームに入れてお部屋に飾りたいですよね^^

フォトフレームも画用紙があれば、だれでも簡単に作ることができます!

今日は、画用紙で作る簡単なフォトフレームの作り方、自立するタイプ、子供も喜んでくれそうなかわいいフォトフレームの作り方の3つをご紹介します!

写真をプレゼントするのにもピッタリなので、ぜひ、作ってみてくださいね^^

スポンサーリンク

フォトフレームを手作り 画用紙で!

まずは、自立するタイプのフォトフレームの作り方をご紹介します。

4角にあけた切込みに写真の角を入れ込んで飾るタイプになります。

材料は、画用紙だけ!

飾りをつけたい方は、マスキングテープや折り紙、シールなど用意してくださいね^^

では、作り方です!

まずは、画用紙を34cm×17cmの大きさを測って切ります。

切込みを入れて、自立するように組み立てるために、ココから少し、色々測って線を引いていきます。

ちょっと大変ですが、頑張って下さい^^;

ちょっとややこしいかもしれないので、この順番に線を引いて行ってみて下さい。

①両端から5cmの所で縦線を引きます。

②左の線から2cmの場所に縦線を引きます。

③そこから更に、9cmの場所に縦線を引きます。

④上から2cm、下から2cmの場所に、横線を引きます。

ここまで引くと、左の方に、写真のL判の大きさの四角が出来上がります。

その四角の角から1.5cmの所に印をつけて、斜めに結んで線を引いて下さい。

この線が、写真を入れ込む切込み線になります。

面倒だし、大体でいいよ!という方は、L判の写真を用意して、画用紙の上に大体の位置にセットし、写真の4角から1.5cmの所に印をつけて、斜めに結んだ線を付けるのでもOKです。

⑤線がひけたら、カッターで切込み線を切っておきます。

⑥真ん中と、左右5cmの所で引いた線で折ります。

⑦写真を飾る面に飾りをつけます。

マスキングテープを上下に貼るだけでも、結構かわいくなります^^

⑧5cmののりしろ部分に糊を付けて、貼り合わせて出来上がり!

私は、底になる部分は5cmにしましたが、ここの幅が広いほうがより安定するので、もっと長くしてもOKですよ^^

フォトフレームを手作り 簡単バージョン!

次に、コルクボードや壁にピンでとめて貼ったり、リボンなどの紐を取り付けてかけたり、紐につるしてガーランドにもできる簡単フォトフレームの作り方をご紹介します!

まずは、画用紙を下図のように切ります。

切れたら、真ん中で折り、両面テープを上と下、左右のどちらかの端に貼ります。

両面テープは、画像のように画用紙の端に貼らないと写真が入らなくなってしまうので、気を付けてくださいね。

あとは、パタッと閉じて、貼り合わせて出来上がり!

リボンなど、ヒモをつけたい場合は、貼り合わせる前に内側にテープやホッチキスで止めておくといいですよ^^

お好みで飾りをつければ、かわいいフォトフレームになります。

今回は、折り紙でコスモスを作って貼ってみました^^

マスキングテープやシールでもかわいくなりますよ。

応用で、真ん中の四角く切り抜く部分は、ハートや星、楕円など好きな形に切り抜いてもOKです^^

スポンサーリンク

フォトフレームを手作り かわいいデザインで子供も喜ぶのはコレ!

子供の顔写真など、子供らしいかわいいフォトフレームにしたい場合は、動物やキャラクターのようなデザインのものを作るのも楽しいです。

作り方も簡単!

まずは、このように画用紙を切ります。

今回は、ウサギにしてみました^^

子供さんの好きなキャラクターの顔とかにしてもいいですね。

左右の端に両面テープを貼って、貼り合わせます。

上から写真を入れるタイプです^^

体とかをつけてもかわいいですよ^^

スポンサーリンク

まとめ

画用紙で簡単に作れるフォトフレームの作り方をご紹介しました!

初めに長さを図って、線を引いたり、切ったりするのがちょっと大変ですが、それだけ頑張れば、あとは貼り合わせるだけ!

慣れれば、10分もかからず作ることができるので、ぜひ作ってみてください。

写真をプレゼントするときも封筒の代わりにフォトフレームを作って渡してあげると、喜んでもらえると思いますよ^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする