たんぽの作り方 図工で使える!割り箸付きやキッチンペーパーでも簡単に!

スタンプのようにポンポン押す事ができるタンポ。

幼稚園・保育園、学校の図工の時間で使用するのに、作って持たせてください!と言われる事ありますよね。

でも、いざ作ろうと思っても、材料って何で作ればいいんだろう?とか、

作り方ってコレであってるのかな?など疑問に思っていませんか?

そんな方のために、今日は、たんぽの材料から作り方まで詳しくご説明します。

割りばし付きのものや、手軽なキッチンペーパーを使った方法までご紹介しますよ^^

スポンサーリンク

たんぽの作り方 図工で使用する場合!

タンポはお家にあるものでとっても簡単に作ることができます。

基本的な材料は以下の3つです。

◆タンポの材料

・ガーゼ

・綿(わた)

・輪ゴム

材料のガーゼは、わたを包むものですが、なければ、布の切れ端を使ったり、古くなったいらないTシャツなどを切って使ってもOKです^^

材質は、化成よりも綿(めん)のほうが、絵具を吸ってくれやすいので、なるべくコットン素材のものを使うといいですね。

中につめる綿も、お家にない!という場合も多いと思います。

その場合は、お化粧用のコットンを崩して入れてもいいですよ^^

他には、食器を洗うスポンジを切って入れたり、タオルや、切られなくなったセーターとかを切って入れても作る事が出来ます。

普通の布の切れ端をわたの代わりの中身にしてもいいんですが、切れ端だと、インクを吸いにくい場合があるので、インクを吸いやすいようなものを中に入れて下さいね。

◆タンポの作り方

1.まずは、ガーゼを四角く切ります。

大きさは、作りたい大きさの綿がしっかり包めるくらいを準備してください。

2.真ん中に綿をおきます。

綿は、手でクルクルっと丸めておくと、包む時も楽です。

綿はパンパンに詰めすぎると、押したときにキレイな丸が出ないので、押したときにちょっと凹むように、ちょうどいい量を詰めましょう。

3.テルテル坊主のように包んで輪ゴムで止めます。

4.布の端を少し切って整えます。

切らなくても別にいいんですが、切っておく方が押しやすいです。

子供が持ちやす長さに切ってあげて下さいね。

スポンサーリンク

タンポの作り方 割り箸付きで押しやすい!

タンポに割りばしをつければ、絵具もつけやすいですし、手も汚れにくいので便利ですよね^^

割りばし付きのタンポにする場合は、綿の中に割りばしを入れ込むようにして、

布と一緒に輪ゴムで止めましょう。

小さい子には、割り箸付きのたんぽは危ない場合があるので、気を付けて下さいね。

タンポの作り方 キッチンペーパーで手軽に!

布を用意したりするのも面倒な時は、手軽にキッチンペーパーやティッシュペーパーでも作ることはできます。

キッチンペーパーやティッシュで作ったタンポの場合は、押したときにボヤっとぼやけたような感じになります。

キッチンペーパーはデコボコの模様がついていたりするので、押したときに、模様がでて面白いですよ^^

ただ、やっぱり、どうしても破れやすいです。

学校に持っていくとなると、使っているうちに、すぐ破れて使えなくなったりするので、学校の図工の時間で使うなら、やっぱり布を用意したほうがいいです。

キッチンペーパーやティッシュのタンポを使う時は、お家で遊ぶ時に作って使うといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

タンポの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

材料さえ揃っていれば、すぐ簡単に作る事が出来ますよね^^

お家に材料がなくて困った時は、もう着ない古着とか、古いタオルなどで代用することも出来るので、急に必要になったときも作れますよ^^

ちなみに、ガーゼも布の切れ端も100均で売られているので、時間がある場合は、買ってきてもいいと思います^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする