瓶の蓋が開かない時の開け方!裏ワザや道具などもご紹介!

ジャムなどの瓶詰めの食品を食べよう!と思ったら、瓶の蓋が固くて開かない!という事はよくありますよね。

今日は、蓋が固くて開かない瓶を開けやすくする方法をご紹介します!

お家にある道具を使ったり、一工夫するだけで簡単に開けられる方法もあります。

色々試してみてくださいね。

スポンサーリンク

瓶の蓋が開かない時の開け方!

今からご紹介する方法は、一つだけでももちろん開けやすくなりますが、一つだけしても開かない!という場合は、いくつかを合わせてやってみてくださいね。

瓶の蓋を温める

瓶の蓋は金属でできているので、温める事によって膨張して、瓶との間に隙間ができ開きやすくなります。

鍋や深いお皿に熱いお湯を入れて、瓶を逆さまにしてお湯につけます。

この時、蓋だけが温まるようにします。

しばらく浸けておいて、蓋が熱くなったら、やけどをしないように軍手やタオルなどを使って開けます。

お湯を用意できない時は、ドライヤーで蓋を温めてもいいです。

ただ、やけどには注意して下さいね。

輪ゴムを巻く

輪ゴムを蓋に2~3本巻き付けます。

輪ゴムを蓋に巻き付ける事で、滑らないようにし、しっかりと蓋に力が加わるようになります。

ゴム手袋や軍手を使う

輪ゴムと同じく、滑らないようにするために、ゴム手袋や滑り止めのブツブツのついた軍手をはめて瓶の蓋を回します。

片手だけで瓶を固定できない場合は、両ひざを使って瓶をはさんで固定します。

そうすると、更に力が加えやすくなり、開けやすくなりますよ^^

蓋の周りを叩く

瓶の蓋の周りをスプーンなど、堅いものでコツコツ叩きます。

軽く一周叩いて下さい。

蓋に衝撃を与えるだけで、蓋の内部に空気を入れて隙間ができて、簡単に開くようになります^^

開け方を変える

通常なら、瓶の蓋の方を回しますよね。

でも、瓶の蓋は動かさないように手で固定して持って、下の瓶の方を回すようにしてみてください。

蓋部分よりも、瓶の方が握りやすいので、力も加わりやすく、蓋を回す時よりも開けやすくなります。

ただ、勢い余って中身をこぼさないようには注意が必要です^^;

腕全体の力を使って開ける

まず、腕を伸ばして瓶と瓶の蓋をギュッと握ります。

そのまま手首は曲げない用に伸ばした状態で、肘をグッと曲げます。

瓶を自分の胸の方へ勢いよく近づける感じです。

力のない人でも、この開け方だと開けやすくなりますよ^^

キャップオープナー

キャップを開けるための道具があります。

お年寄りや力のない人でも、簡単に開けることができます。

100均でも購入することができるので、一度探してみるといいですよ^^

蓋に穴をあける

どれを試しても全然開かない!という場合は、最終的に蓋に穴をあけます。

穴をあけると、中に空気が入って、開けることができます。

缶切りなどで、グリグリしていると穴をあけられます。

穴をあけると、その後は、その瓶は使えないので、一回で食べきらない場合は、他の瓶などに食品を移し替えましょう。

まとめ

蓋をあけるには、まずは手が滑らないようにすること。

輪ゴムやゴム手袋を使うのが一番簡単です。

諦めずに、頑張ってやってみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする