大きい箱のラッピング方法!資材が足りない場合でもおしゃれに出来る!

大きい箱に入ったものをプレゼントするときって、ラッピングが困りますよね。

包装資材も中々、大きいものがなかったり、高かったりで用意できなかったりもしますし、

大きすぎて包装紙で包んだり、ラッピングバッグには入らない!という場合も。

今日は、大きい箱や大きいものでも出来るだけ少ないラッピング資材でプレゼント包装ができる方法をご紹介します!

スポンサーリンク

大きい箱のラッピング方法!

大きい箱や箱に入っていない大きいものをラッピングするのにおすすめな方法を、まずはご紹介しますね^^

◆キャラメル包みの仕方

大きい箱をなんとかキレイに包装紙で包みたい時は、このキャラメル包みがおススメです。

デパート包みや斜め包みという難しい包み方を大きい箱でするのは、難しいですし、包装紙もかなり大きいものが必要です。

でも、キャラメル包みなら、必要最小限の包装紙で、大きい箱でも、小さい箱でも同じ様に簡単に包むことができますよ^^

◆必要な包装紙のサイズ

横⇒箱の胴回り+1~2cm
縦⇒箱の高さ1/2+1~2cm

◆キャラメル包みの方法

動画は、小さい箱で包んでますが、大きい箱でもやり方は全く一緒です。

動画を見ながら練習してみて下さいね。

◆キャンディ包み

お菓子の名前の包み方ばっかりですが、次は、キャンディの包装のような包み方です。

これには、包装紙とリボン(ゴムなどでも)を使います。

不織布や大きい布などを用意し、真ん中に箱を置きます。

大きい不織布がない場合は、2枚をテープなどでつなぎ合わせて使えばOKです。

不織布の上下を箱の上で重ねて、テープで止めます。

左右の布をねじり、リボンで結んで出来上がり!

これなら、箱にはいっていない大きいものでも簡単に包むことができます^^

◆大きいラッピングバッグ

大きい箱が入るサイズの大きいラッピングバッグも売られています。


送料無料 不織布 72cm×111cm(内寸87) リボン付き 特大

これなら、箱を入れて、リボンを結ぶだけなので簡単です。

うちでは、子供の誕生日やクリスマスで大きい箱に入ったおもちゃをプレゼントすることがよくあるので、子供が包装を解いたら、キレイなうちにラッピングバッグはたたんでしまっておきます。

次にまた大きいプレゼントをすることがあれば、そのラッピングバッグを使いまわしたりしていますよw

スポンサーリンク

大きい箱でラッピング資材が足りない時はコレ!

先ほど紹介したキャンディ包みやキャラメル包みが出来るだけの包装紙や不織布などのラッピング資材があればいいんですが、小さい包装紙しかないよ!という場合もありますよね。

そういう時は、こちらの方法です!

◆真ん中だけ包装紙!

包装紙を箱の上だけにかけて、マスキングテープやセロハンテープで、箱の左右で止めます。

一緒にリボンもかければ、出来上がりです^^

もっと細めの包装紙でもいいですよ。

今回は、横方向にしましたが、縦方向に包装紙とリボンを掛けても可愛いです。

◆上だけ包装紙

上のふた部分だけに、このように包装紙をかけて、リボンを十字にかけるのもおすすめです。

◆リボンだけ

リボンの十字掛けなら、箱がむき出しでもプレゼント感が出ますよね^^

リボンの十字掛けは慣れると簡単です^^

この方法なら、包装紙やリボンも少なく済むので、100均で包装紙とリボン買う事が出来て、お安く済みますよ^^

スポンサーリンク

大きい箱のラッピングでおしゃれな方法!

ちょっとおしゃれに見えるラッピング方法もご紹介しますね。

◆不織布やワックスペーパーを使ったラッピング

箱の横幅に合わせて、ラッピング用紙を用意します。

不織布、和紙、ワックスペーパーなどの柔らかいものがおススメです。

上で、不織布をギャザーを寄せるようにしてまとめます。

リボンを付けてできあがり!

◆フラワーリボンボウ

リボンで大きいお花をつくって、箱の上に貼りつけても、可愛いです。

◆フラワーリボンボウの作り方

まとめ

大きい箱や大きいもののラッピングも、ご紹介したようなラッピング方法なら、さほど手間もお金もかからずに出来るので、ぜひやってみてください。

100均でかわいいラッピング資材がたくさんあります。

ラッピング用紙を買うときは、サイズをしっかり見てから購入すると失敗がないですよ^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする