折り紙で亀の折り方 簡単!立体のものを箸置きにしてもかわいい!

縁起のいい亀は、お祝い事の飾りにピッタリですよね。

今日は、亀を簡単に折り紙で作る方法と、立体的に作って箸置きにする方法をご紹介します。

お正月などの季節飾りを作るのにもいいですし、パーティーの飾りなんかにも使えますよ^^

スポンサーリンク

折り紙で亀の折り方 簡単!

まずは、平面の簡単な亀の折り方からご紹介しますね。

◆必要なもの

・好きな色の折り紙1枚

・はさみ

折り紙を1枚用意します。

裏返して、白い面を上に向けて置きましょう。

三角になるように半分に折ります。

三角の左右の角を頂点に合わせるように折ります。

上に折り上げた角の部分を点線の部分で折り下げます。


くるっと回して、上下を逆にして、左右の角を真ん中の線の所で合わせるようにして折ります。

上の二股にペラペラめくれるようになっているので、画像のそれぞれの色の線が合うように折ります。


下側が2枚重なっていて、上をぺラッとめくれるようになっているので、

この上側だけ、ハサミで真ん中に切込みを入れます。

切れたら、上と同じように左右の三角の辺に沿わせて折ります。

上の三角部分を折ります。

更に、点線の部分で三角を上に折り上げます。


表をむけたら出来上がり!

とーっても簡単に亀ができました^^

平面なので、いろんな所に貼ったりして飾ることもできますよ^^

他にも違う折り方で、顔と手足が白くなるようにできるものもあります。

こちらは、動画で作り方が見られるので、一緒に折ってみて下さいね^^

スポンサーリンク

折り紙の亀の折り方 立体なもの

次に、甲羅の部分が立体的になる亀の折り方をご紹介しますね。

ちょっとだけ工程が多いので、頑張って見ながら折ってみて下さい。

①折り紙を1枚用意して、裏側の白い方を上に向けて置きます。

②長方形になるように、半分に折ります。

③さらに半分に折り、正方形にします。

①くるっと向きを変えて、ペラペラの方が手前にくるように置きます。

②一枚起こして

③中を開きます。

④★と★が合うように折ると、三角ができます。

裏返して、同じことをします。

①三角の左右の角を頂点に合わせるようにしております。

②しっかり折れ線を付けましょう。

③裏返して、裏側も同じように折ります。

こちらもしっかり折れ線を付けます。

④裏表とも、二等辺三角形に戻るように広げます。

三角の頂点と底辺を合わせて、点線で折ります。

ここも折れ線を付けるだけで、すぐに二等辺三角形に戻します。

三角の一番上の紙をこのように広げます。

この折れ線に注目!

この折れ線通りに、下の画像のように折っていきます。

左右の角の部分をつまんで、折れ線の部分でそれぞれ折るとやりやすいです。

このように角が立ったようになります。

角を手前にパタンと倒しておきます。

裏返して、同じように折ります。

①裏返した所です。
②頂点の三角を折って、折れ線を付けましょう。
③広げて、折れ線で折って
④角は、手前にパタン。

①上の角を真ん中に合わせております。
②下のペラペラになっている角を上にめくり上げます。
③この部分が足になるので、四角からはみ出るように適度な角度で折り返します。
④反対も同じようにします。

①②左右の辺を真ん中に合わせるように折ります。

裏返して、足を折る所から表と全く同じように折ります。

横に1枚めくります。

裏側もめくり、裏表、この画像の状態にします。

①下を折り上げます。
③裏返して
④同じように折り上げます。

次に、亀の頭になる部分を作ります。


★の部分を下にぐっと折り下げて、真ん中を谷折りにし、先端を少し持ち上げて折り目をつけます。

鶴を折れる方は、鶴の頭を作るのと同じ要領です。

頭を中に入れるように、一枚めくって、顔を中に入れ込みます。

裏側も同じようにめくっておきます。

線の部分に指が入るので、裏表とも広げます。

上から見た状態です。

後は、このまま、ゆっくりと広げて行けば、甲羅部分に空気が入っていきます。

出来上がり!

途中、鶴の作り方に似ていますよね。

ちょっと、難しいんですが、慣れると1分もかからず作れます^^

スポンサーリンク

折り紙で亀の箸置きにも!

先ほどご紹介した立体的な亀さんは、甲羅にお箸を乗せて、箸置きにすることもできます。

お正月やお祝いの時の食事の時、おもてなしの時なんかにちょっと作って置いておくと、喜ばれますよ^^

和柄の千代紙風のおりがみも、100均で手に入りますし、もっとモダンな柄の折り紙も売られているので、いろんな柄の亀さんを作って置いておくと、テーブルも華やかになります^^

後は、棚などにポンっと飾っておいてもいいですね。

まとめ

亀の作り方は、平面のものだととっても簡単です。

立体のものは、工程も多く、少し難しくはなりますが、画像を見てゆっくりやってみると作って頂けると思います^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする