ハリセンの作り方 画用紙で!痛くないけど叩く音が大きいのはコレ!

漫才をするときのツッコミでよく使われているハリセン!

子供たちと作って遊んでも結構楽しいです^^

でも、ハリセンってどうやって作ればいいの?という方のために、

今日は、ハリセンの作り方を詳しくご紹介します!

大きい音がでるけど、痛くないものが出来るので、子供との戦いゴッコにもピッタリですよ^^

スポンサーリンク

ハリセンの作り方 画用紙で!

ハリセンは、厚紙で作る方が丈夫にできます。

お家にあるものなら、画用紙が一番です!

画用紙で出来る大きいハリセンと小さいハリセンの2種類の作り方をご紹介しますね。

◆大きいハリセンの作り方

画用紙を2枚用意します。

縦にジャバラ折りをしていきます。

幅は好みですが、今回は約5cm幅で折りました。

2枚とも同じ幅でジャバラ折りをします。

2枚をノリや両面テープで貼り合わせます。

持ち手となる部分にテープを巻いて補強します。

ガッチリ巻いておくといいですよ^^

出来上がり!

もっとジャバラ部分が広い方が良ければ、画用紙を3枚~4枚と増やして作ればOKです。

◆小さいハリセン

画用紙1枚でミニサイズのハリセンも作ることができます。

持ち歩きたい人にピッタリですw

画用紙を1枚用意します。

小さいハリセンなので、ジャバラの幅も小さく2cmほどで折ります。

真ん中で折り曲げます。

真ん中が割れるのが気になる場合は、糊で貼りつけておきましょう!

持ち手にテープを巻いて、出来上がり!

ハリセンの作り方 痛くないのは?

ハリセンで痛くないのは、大きい方のハリセンです。

ジャバラ折りの面積が広く作るので、叩いた時に当たる面積が広いためです。

当たる面積が広いと、力が分散されるので、そんなに痛くありません。

面も広いので、持ち手のテープが終わる部分が、ヘニャッとなって力があまり入らないです。

ただ、しっかりハリセンの面の部分が上手に当たればいいんですが、ちょっと斜めに叩いたりした時に、ジャバラの折り目部分が当たると、ちょっと痛いです・・・。

小さい方で叩くと、大きいハリセンよりは鋭い痛みがあるので、ツッコミを入れる場合は、あまり力を入れないようにしましょう!

スポンサーリンク

ハリセンの叩く音が大きいのはどれ?

音は、どちらもそれなりに大きく

バシッッ

と、いい音がします。

大きい方が「バシッ」

小さい方は「パシッ」

という感じです!

小さい方がジャバラが多い分、音もよく出る気がします。

大きいハリセンで、もっと音を出したい場合は、画用紙を増やしてやってみるといいですね。

まとめ

ハリセンを作るのは、材料があれば、1分くらいで出来ます!

これから忘年会などで漫才をする方や、子供のおもちゃとして一緒に作ったりするのにもピッタリですよ^^

そんなに痛くはないとはいえ、叩きすぎには要注意です!

ぜひ、楽しく作って、楽しく使って下さいね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする