ドライフルーツの作り方 レンジやオーブンでの方法!缶詰でも簡単に!

栄養も豊富なドライフルーツ、美味しいですよね。

買うと結構高いけど、自分で作れば、安くて、添加物もなくヘルシーなものがたくさん食べられます^^

今日は、衛生的に手軽に電子レンジやオーブンで作れるドライフルーツの作り方をご紹介します!

天日干しするよりも楽ですし、虫や埃、天気なども気にすることもなく、短時間で出来ますよ^^

スポンサーリンク

ドライフルーツの作り方 レンジを使った方法!

ドライフルーツを電子レンジで作る方法をまずはご紹介します。

電子レンジは、短時間で食材の水分を飛ばしてくれるので、水分量の多い果物でも簡単にドライフルーツにすることができます。

オレンジやレモン、桃、マンゴー、キウイなど水分の多いものフルーツにおすすめです。

◆電子レンジでのドライフルーツの作り方

1.オレンジやレモン、リンゴなどの皮の表面にワックスがついているものの場合

沸騰したお湯に2~3分浸けて、ワックスを洗い落とします。

その後、冷水で冷ましておきましょう。

皮をむく場合は、この工程は必要ありません。

2.フルーツをカットします。

5~8mmくらいの薄さに切ります。

パリパリのチップスにしたい場合は、2~3mmくらいにしましょう。

リンゴなど、酸化で変色してしまうものは、カットしたら塩水に10~15分浸けて置きます。

3.キッチンペーパーで水分を取ります。

キッチンペーパーでカットした果物を挟んで軽く押さえます。

何度かキッチンペーパーを変えて、しっかり水気を取っておきます。

4.レンジで温めます。

耐熱のお皿にキッチンペーパーを敷き、カットしたフルーツが重ならないように並べます。

600wで様子を見ながら2分温めます。

キッチンペーパーを取り換えて、更に2分温めます。

これを好みの固さになるまで繰り返して出来上がりです。

ドライフルーツの作り方 オーブンで作る方法!

しっかりと水分を飛ばしてパリパリにしたい人、もう少しじっくり加熱して作りたい人は、オーブン機能を使って作るといいですよ^^

電子レンジと違いオーブンは焼くので、少し香ばしい感じになります。

バナナやリンゴ、レーズンなどをドライフルーツにするのにもおすすめです^^

◆オーブンでのドライフルーツの作り方

1.電子レンジでやるのと同じように、フルーツのカットまで済ませる。

キッチンペーパーで水気もしっかりとっておきましょう。

2.クッキングシートを天板に敷き、フルーツを並べる。

オーブンの場合は、キッチンペーパーを敷くと燃える可能性があるので、クッキングシートを使用してください。

3.オーブンで焼く

予熱はなしで、オーブンの温度を100~110度の低温に設定します。

1時間焼いたら、クッキングシートを交換して、フルーツもひっくり返し、更に1時間焼きます。

ココで好みの硬さになったものは取り除き、まだ加熱が必要なものだけ、10分ずつくらい追加で様子を見ながら加熱します。

4.風通しのいい場所で冷ます

加熱し終わったら、粗熱を取り、しばらく風通しのいい場所においておきます。

スポンサーリンク

ドライフルーツの作り方 缶詰で簡単に!

缶詰のフルーツでも、ドライフルーツが出来ます。

生のフルーツを買うよりも、缶詰の方が安いし、カットされているので楽ですよね^^

缶詰のフルーツを使う場合は、シロップがついているので、しっかりとシロップの水分をキッチンペーパーでふき取ってから、加熱しましょう。

桃など、少し分厚くカットされているものは、もう少し薄くスライスして加熱すればいいですよ^^

スポンサーリンク

まとめ

電子レンジやオーブンを使えば、ドライフルーツも短時間で簡単に作れます。

始めは少し、時間の加減が難しいですが、自分の好みのものが出来るように少しずつ様子を見ながら加熱していって下さいね^^

ドライフルーツを作ったら、しっかり保存しましょう^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする