犬の毛がつかない服の素材はコレ!ペットの毛の対策方法!

ワンちゃんを飼っていると、どうしても服に毛がついしまいますよね。

これは、仕方がないことではあるけれど、いちいち服についた犬の毛を取るのも大変・・・。

そこで、今日は、犬の毛が付きにくい服の素材をご紹介します。

さらに、毛が服につかないような対策も一緒にご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね^^

スポンサーリンク

犬の毛がつかない服の素材は?

わんちゃんの毛が付きにくい服の素材は、

・レザー
・ポリエステル
・ナイロン
・サテン
・シルク

このような表面がツルツル、シャカシャカしたような素材を選ぶと、毛が付きにくいです。

付いたとしても、叩けば落ちますし、生地に刺さってしまった場合は、コロコロをすれば簡単にとることが出来ます^^

逆につきやすいのは、

・フリース
・起毛素材
・ニット

これらのフワフワの素材や生地の表面がデコボコしているような素材のものです。

他にも、綿素材のものやジーンズなんかもマシではありますが、つくとなかなか取れないですよね。

冬などはどうしてもニットやフリースなどの暖かい素材のものを着たいと思うので、その場合は、その上からシャカシャカ素材のものを羽織って防止するといいですよ^^

スポンサーリンク

ペットの毛の対策方法!

わんちゃんの毛が服につくのを防止する対策はいくつかあるので、そちらもご紹介しますね。

服の静電気対策!

毛が服につきやすいのは、素材が原因という事もありますが、もう一つは静電気が原因の場合もあります。

動物の毛は、人間の毛よりもキューティクルがもろいので、摩擦で静電気が起きやすいです。

さらに、油分もついているので、一度くっつくと取れにくい!というのもあります。

ポリエステル素材のようにツルツルした素材でも、どうしても毛が付く!という場合は、静電気が原因でワンちゃんの毛を引き寄せている場合もあります。

そんな時は、洋服の洗濯の時に柔軟剤を使っていなければ、柔軟剤を使用してみましょう。

柔軟剤を使うと、繊維の摩擦が少なくしてくれるので、静電気の発生を抑えてくれます。

同じ様に、クリーニング店でリファイン加工をしてもらうというのも、静電気対策になります。

リファイン加工は、服の手触りや質感をもとに戻してくれるので、静電気を抑えてくれます。

また、もっと手軽にするには、静電気防止スプレーを使うのも効果的ですよ^^

すでについてしまった毛を落としやすくし、さらに毛がつきにくくなるコーティングを衣類にしてくれる洗剤というものもあります!



ペットが使う布製品用の洗剤は他にもあるんですが、これはペットの毛に困っている人間の服のための洗剤です!

他にこういう洗剤は見当たらないですよね。

すでについてしまった毛を落とすのはもちろん、洗う度に、服に毛が付きにくくなりますし、特有のニオイの消臭もしてくれます。

コロコロ生活から解放されるだけじゃなく、ワンちゃんとの触れ合いも、毛を気にせず思う存分楽しめるようになりますよ^^

【ペットの毛がつきにくくなる洗剤の公式ページはこちら】

ワンちゃん自身の抜け毛対策

これは、すでにされている方も多いと思いますが、ワンちゃん自身の抜け毛対策もしておくといいですね。

1.ブラッシングを念入りにする。

日々ブラッシングしてあげる事で、抜け毛が落ちてしまう事を減らすことができます。

さらに、血行促進になったり、皮膚病の早期発見につながったりと、健康状態を確認してあげる事にもなるので、いいこと尽くし!

ノミダニ対策にもなるので、散歩から帰ってきた時にブラッシングをしてあげるといいですね。

2.洋服を着せる

ワンちゃんに洋服を着せるのは、賛否両論あると思いますが、嫌がっていない様子であれば、着せてみるのも一つです。

やはり、それだけで抜け毛対策にはなりますし、外出先などで毛を落としたくない時だけ着てもらう事を考えてみるのもいいと思います。

まとめ

わんちゃんの毛がつきにくい服の素材のご紹介をしましたが、素材が限られてくると、おしゃれも楽しめなかったり、不便なことも多いです。

そんな時は、静電気対策をしたり、ペットの毛がつきにくくなる洗剤など専用のものを使ってみるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする