香水の付け方 場所はココ!ふわっとほのかに香るようにしたい場合!

香水の付け方って難しいですよね。

理想は、すれ違った時に、「あれ?今、なんかいい匂いした!」とか、

物を手渡した時とかに、一瞬「いい匂い!」って思ってもらえるくらいに香るように付けるのがいいですよね。

その場合、どうやって香水を付けたらそうなるのかな?って疑問に思っていませんか?

今日は、ふわっとほのかに香る香水の付け方をご紹介します!

スポンサーリンク

香水の付け方 場所はどこがいい?

香水をほのかに香らせたいなら、腰から下の下半身に付けるのがおすすめです。

香水の香りは、下から上へと上っていくものなので、下半身につけるくらいがちょうどほのかに香るようになります。

手首やうなじ、胸あたりにつけると、自分でも香水の香りがよくわかるので、つい上半身に付けたくなりますが、ほのかに香らせたい場合は、NGです。

自分で香水の香りがわかるということは、他の人もその香りを強く感じる事になります。

場合によっては、「この人、香水臭い!」って思われてしまう事もあるので、そういった心配がある方には、上半身に付けるのはおすすめしません。

香水の付け方

香水の成分には、アルコールが入っているので、肌の熱に温められて揮発し、香りが辺りに広がります。

ですので、香水は、服につけず、肌に直接つけるのがいいでしょう。

香水を付けたての時は、まだアルコールが残っているので、その香水の本当の香りとすこし違う香りになっている場合があります。

大体、香水を付けてから30~1時間くらいたつと、香水本来のいい香りになるので、出かける30分~1時間前くらいに付けておくといいですよ^^

付ける量は、ほのかに香るくらいにしたいなら、下半身にワンプッシュから初めてみましょう!

自分では、なかなか、思っているような香り方をしているのかどうかはわかりません。

まずは、ワンプッシュから始めて、家族や恋人、お友達にどんな感じで香っているのか?を聞いてみるといいですよ^^

ワンプッシュでもあまり香っていない場合は、もうワンプッシュ足してみたりして、自分にあったちょうどいい量を探してみてください。

香水がふわっと香る付け方は?

ふわっとほのかに香るには、下半身に付けるのがおすすめといいましたが、もう少し、具体的にご紹介しますね。

ほのかに香らせたい場合に付けるといい場所は、

・太ももの内側
・膝の裏側
・足首

この3つがおすすめです。

足に付けておくと、鼻から遠くなるので、ほのかに香るくらいにしやすいです。

また、下の方にある足につけるとこで、香りが下から上へと上ってきて、いい香りが全身をコーディングしてくれるかのようになります。

歩いた時には、後ろの方へ香りがいくので、すれ違いざまに「いい匂い!」って思ってもらえる付け方ですよ^^

スポンサーリンク

まとめ

ほのかにふわっと香らせたい場合は、下半身につけるのがおすすめです。

つけすぎが心配な人は、自分では、あまり香水の香りはわからない!というくらいから始めましょう。

自分ではわからないけど、周りの人には結構香っていたりもするので、仲のいい人にどれくらい香っているか聞いてみるのが一番わかりやすいですよ^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする