妊娠中の飲み物 カフェイン・ノンカフェインはどれ?おすすめ品も紹介!

妊娠中は、いろいろと気を付ける事が多いですが、そういえば、普段、自分がのんでいる飲み物は、飲んでいても大丈夫なのかな?

と、気になってしまいますよね。

特に、飲み物に含まれるカフェインは、お腹の赤ちゃんにも影響があるかもしれないという事で、気を付けたいと思っているママも多いと思います。

今日は、カフェインが含まれている飲み物の種類と、妊娠中でも安心して飲めるノンカフェインの飲み物、おすすめの飲み物をご紹介しますね^^

スポンサーリンク

妊娠中の飲み物 カフェインが入っているのはどれ?

妊娠中にカフェイン入りの飲み物は、たくさん飲まない方がいいと言われています。

日本では、妊婦さんのカフェイン摂取量の上限は決められてはいませんが、WHO(世界保健機関)では、コーヒーなら1日に3~4杯までを推奨しています。

ですが、英国では、更に厳しくコーヒーならマグカップで2杯程度までとしてされています。

まだお腹の赤ちゃんへのカフェインの影響については、確定はされていませんが、カフェインの過剰摂取により自然流産を引き起こしたり、低体重児になる可能性が高くなるとも言われていますので、カフェイン入りの飲み物は、出来るだけ控える方がよさそうですね。

では、どんな飲み物にカフェインがどれだけ入っているのか?

しっかり確認しておきましょう!

◆カフェイン入りの飲み物

・コーヒー(100mLに対して60mg)

・紅茶(100mLに対して30mg)

・ほうじ茶(100mLに対して20mg)

・ウーロン茶(100mLに対して20mg)

・コーラ(100mLに対して10mg)

◆緑茶

・煎茶(100mLに対して20mg)

・玉露(100mLに対して160mg)

・抹茶(100mLに対して30mg)

などなど・・・

大体、マグカップに入れて飲む場合は、150mLなので、コーヒーだと、1杯のカフェイン量が90mgくらいになります。

また、エナジードリンクにもカフェインが入っています。

メーカーによってカフェインが含まれている量が違うので確認したほうがいいですね。

そして、ビックリなのが、玉露!

実は、コーヒーよりもカフェイン量が多いんですよね。

緑茶が好きで良く飲むという方は、玉露はたくさん飲まないようにした方が良さそうですね。

妊娠中の飲み物 ノンカフェインのものはコレ!

ノンカフェインの飲み物もたくさんあるので、妊娠中はそういったものを飲んでいる方が気持ち的にも安心できると思います^^

妊婦さんにおすすめのノンカフェインの飲み物は・・・

・麦茶

・黒豆茶

・ゆず茶

・ルイボスティー

・ローズヒップティー

・たんぽぽコーヒー

このあたりがおすすめです。

それぞれ、妊娠中に摂取したい成分が含まれていますよ^^

スポンサーリンク

妊娠中の飲み物 おすすめをご紹介!

妊娠前まで、毎日紅茶やコーヒーを飲んでいた人にとっては、急に飲むのを控えるのは、ちょっと辛いですよね。

コーヒーなら2杯くらいまでは飲んでも大丈夫と言われても、やっぱり気になる!という場合は、ノンカフェインのコーヒーや紅茶が売られていますので、そちらを試すといいですよ^^

また、たんぽぽコーヒーは、コーヒーの代用として妊婦さんや授乳中のママに人気です^^

母乳育児で頑張りたいママさんや冷え性のママさんにも嬉しい飲み物です。

↓↓たんぽぽコーヒー公式サイト↓↓
母乳育児!ノンカフェインたんぽぽコーヒーが私の味方

まとめ

大事な妊娠中、少しでも赤ちゃんに良くない影響がありそうなものは、なるべく控えたいですよね。

カフェインもその一つですので、多く取りすぎないように、何に入っているか確認して、代用できるものは代用しておくと安心ですね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする